スライスのタイプごとにおすすめのドライバーを紹介します。

instagram
instagram

【試打レビューあり】スライスしないドライバー20選!スライスのお悩み別で解説します

2021.04.13
2021.04.13 POSTED
お気に入り
【試打レビューあり】スライスしないドライバー20選!スライスのお悩み別で解説します
目次

「ドライバーがスライスしてよくOBする」「いつも右に曲がってばかりで飛距離をロスしてしまっている…」そんな風にお悩みの方は多いのではないでしょうか。 大切な1打目がミスショットになってしまうとショックですよね。加えてOBが出てしまうとスコアも途端に悪くなってしまいます。 また、ドライバーはクラブの中でも最も飛距離が出るクラブなので、打ち出しが少し右に出たり、少し回転がかかるだけでも大きく右に曲がってしまいます。自分に合う1本を選ぶことが重要なクラブ。それがドライバーなのです。では、スライスが出やすい人はどんなドライバーを選ぶのがいいのでしょうか?

スライスには2種類ある

プッシュスライス

そもそもスライスには2つの種類があります。1つ目はプッシュスライス。打ち出しから右に曲がってしまうスライスのことです。プッシュスライスの主な原因は、ボールを打つ瞬間にフェースが開いてしまっていることです。クラブが振り遅れたり、ヘッドの軌道がインサイドアウトになっていると、フェース面が右を向いたままインパクトを迎えてしまいます。プッシュスライスする方にはヘッドがしっかり返ってきて掴まりのいいドライバーがおすすめです。

カットスライス

2つ目はカットスライス。打ち出しは一旦まっすぐ、または左に出るものの、途中から右に曲がってしまうスライスのことです。カットスライスの主な原因はアウトサイドインの軌道になっていることです。アウトサイドインになると、フェース面でボールをこするような動きになってしまうため、ボールに横回転がかかって途中から右にスライスしがち。カットスライスする方はヘッドのターンを抑える直進性の高いドライバーがおすすめです。インパクト時のフェース面が返り過ぎないようにして、スライスを防ぎましょう。

スライスが出るのは悪いことではないけれど…

スライスボールが出てしまう、ということ自体は決して悪いことではありません。 多少右に曲がるボールでも打ち出しが左を向いていれば、最終的にはまっすぐになります。 しかし、スライスボールというのはまっすぐ飛ばすよりも曲がる分の飛距離をロスしてしまいます。 また、スライスボールはバックスピン量が増えやすいため、キャリーが出にくいという特徴もあります。 せっかくしっかりボールに当たっても、スライスしたが故に飛距離が落ちてしまったらもったいないですよね。 もちろん、プロゴルファーの中にはスライスボール、フェードボールが持ち球の選手もいるため、決して悪いことではありません。しかし飛距離を出したい、極端にスライスするのを治したい方は、ドライバーを変えてみるのがおすすめです。

ゴルフクラブはスライスしやすい!その理由は?

多くのゴルファーが悩まれているスライス。特にゴルフクラブは構造上、スライスボールが出やすいと言われています。

ゴルフクラブは、持ち手であるグリップの延長線上からズレた位置に、重量のあるヘッドがついています。この「持ち手の延長線上に重量物(重心)がない」ことが、スライスが起こりやすい理由。持ち手の延長線上に重心がないと、ボールを打つ瞬間にフェースが開いてしまいやすいのです。

スライスの原因の一つとして、ボールの軌道がアウトサイドインになってしまうことも挙げました。しかし、実を言うと軌道がアウトサイドインになっているだけでは、スライスボールは出ません。フェース面に開きがなければ、アウトサイドイン軌道でスイングしてしまっても、ボールはまっすぐ飛んでいくはずなのです。

アウトサイドイン軌道でスイングしてしまうと、インパクトの時にフェース面が開いてしまいやすい、だからスライスボールが出るのです。結局は「フェース面が開いていること」が、スライスの大きな原因と言えます。

ゴルファーの多くがスライスに悩まされるのは、ゴルフクラブの構造自体、スライスボールが出やすい作りになっていたからなんですね。

ドライバーはスライスしやすいクラブ

ただでさえゴルフクラブはスライスボールが出やすい構造をしているのですが、中でも特にスライスしやすいのがドライバー。ゴルファーが持つ悩みの中で、もっとも多い悩みは「"ドライバー"のスライス」だと言われるほどです。

なぜドライバーは、スライスボールが出やすいのでしょうか?理由は2つあります。

理由①バックスピン量が少ないから

ドライバーがスライスしやすい理由の1つは、バックスピン量が少ないためです。

バックスピン量は、クラブのロフト角が大きいほど増加します。ドライバーはパターに次いでロフト角が少なく、だいたい8~12°くらいです。当然、他のゴルフクラブに比べてバックスピン量も少なくなります。

バックスピン量が少ないボールは、飛ばした時、左右の回転が加わりやすいという難点があります。左右の回転が加わることで、ボールが左右の方向に飛んで行ってしまい、スライスボールに繋がるのです。

バックスピンは、かけ過ぎると飛距離が落ちることから、ドライバーの中にはバックスピンがかかりにくい「低スピンモデル」が存在します。ゴルフの経験が浅いうちは、飛距離を伸ばすために低スピンのドライバーを使うと、スライスボールも出やすくなってしまうのです。低スピンのドライバーを使っている方ほど、スライスに悩まされやすいと言えるでしょう。

理由②長さのあるクラブだから

ドライバーがスライスしやすいもう1つの理由は、クラブの長さが長いためです。

ドライバーはゴルフクラブの中で、もっとも長さがあります。そして長さのあるクラブはスイングした時、振り遅れてしまいやすいのです。振り遅れてしまうと、ボールを打つ瞬間にフェースが開いてしまうので、スライスボールが出やすいというわけです。他のクラブではスライスしないのに、ドライバーでだけスライスするという方は、振り遅れが原因でフェースが開いている可能性が高いです。

厄介なのは、振り遅れによるスライスは曲がり幅が大きいということ。極端に飛距離が落ちたり、場合によってはOBになったりして、スコアが伸び悩んでしまいます。

以上、バックスピン量が少ないことと、長さがあることから、クラブの中でも特にドライバーはスライスボールが出やすいのです。

スライスしないドライバー20選

1:TaylorMade SIM MAX

クラブ名 TaylorMade SIM MAX
発売年 2020年
重さ 193グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10.5°/12°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 56°
最安値をチェック!

商品概要

TaylorMadeのSIM MAXは、空気力学に着目し設計されたドライバー。TaylorMadeの独自技術「マルチマテリアル構造」をヘッドシェイプに採用することにより、抜群のヘッドスピードとヘッドのブレにくさを叶えています。

重心を深く低めにすることで慣性モーメントが大きくなり、ミスに対する寛容性がアップ。少々芯を外しても、狙った方向へまっすぐ飛ばすことができます。

スイング時に空気抵抗を受けにくく、体力に自信がない方でもしっかりヘッドスピードが出る点も特徴。スピンを抑え飛距離をアップさせたい方や、カットスライスが出やすいという方に特におすすめのドライバーです。

買って良かった方のレビュー

ロフト角が10.5度とドライバーにしてはややきつめですが、弾道が上がりすぎることもなく、スピンもかかりにくい。「とにかく真っすぐ飛ぶ&扱いやすいドライバー」という印象。同じテーラーメイドの「SIM」と比較すると全体のバランスが軽いと感じました。女性やお年寄りも使いやすい万能型のドライバーだと思います。

合わなかった方のレビュー

最近のドライバーには珍しく、かなり打感がやわらかいなというのが第一印象。個人的には、もう少し打感が硬い方が感覚として好みかなと思いました。つかまりはあまり良くないですね。しっかりつかまえてコントロールしたいという方よりは、ギアのスペックで飛ばしたい方向けです。直進性は高評価。

2:Callaway MAVRIK

クラブ名 Callaway MAVRIK
発売年 2020年
重さ 296グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 58°
最安値をチェック!

商品概要

サイドスピンがかかりにくく、左右への曲がりが少ないドライバー。つかまり具合とミスへの寛容性のバランスが良く、非常に安定性に優れた1本です。

AIが設計したフェースデザイン「フラッシュフェースSS20」搭載で、高初速エリアを最適、最大化させています。またフェースの素材に従来のものより軽くて強いFS2Sチタンを採用しており、ボールへのエネルギーの伝達効率が格段にアップ。非常にボール初速が上がりやすくなっています。

ヘッドには独特のサイクロン形状を採用してスイング時の空気抵抗を軽減。高ヘッドスピードを実現しています。さらに球が拭き上がりにくいため、力がない方でも飛距離アップを狙えます。

買って良かった方のレビュー

飛距離と方向性の評価が高いことに惹かれて購入。これまで使用した「曲がらない」系のドライバーでもピカイチだと思いました!ボールが浮きにくいところもgood!とにかく曲げたくない、真っすぐ飛ばしたいという方は一度試してみる価値があるドライバーだと思います。

合わなかった方のレビュー

フェースがやわらかいためか、打感の悪さが気になりました。あとヘッドがかなり軽く、逆に打ちにくい。AIを活用して改良したフェースが売りのモデルとのことなので、そのバランスが合わない人には合わないのかも。直進性は確かに優れているなと感じました。

3:TaylorMade SIM2 MAX D

クラブ名 TaylorMade SIM2 MAX D
発売年 2021年
重さ 299グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10.5°/12°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 56°
最安値をチェック!

商品概要

スライスに強い、安定系ドライバー。高弾道性とつかまりやすさが大きな特徴です。

パーツの溶接を行わない、ボディ一体型の「ミルドバックカップフェース」採用により、これまでにない深・低重心設計を実現しています。さらに従来のチタン素材より比重が軽いアルミニウムを用いた、新開発の「フォージドミルドアルミニウムリング」により、構造上必要な重さを軽減。余剰重量を適切に配置することによって、慣性モーメントを向上させています。

安定して高飛距離を狙いたい方、つかまり性能の高いドライバーが合うという方に特におすすめの1本です。

買って良かった方のレビュー

試打したSIM2シリーズ3種の中で一番つかまりが良い。しっかり球をつかまえて打ちたい方にはイチオシのドライバーです。重心位置がヒール側に寄っているので、ヘッドの重さを感じず振り切りやすいところも気に入りました。あと、見た目がスポーティでかっこいい!

合わなかった方のレビュー

購入後、フルラウンドで2度使用。良くも悪くも飛距離が安定します。外れ当たりが少ない分、特段飛距離が伸びるということもないです。1打目を安定させたいアマ向きかなと。安定性や飛距離性能は前作とあまり大きく違いを実感できなかったですね。

4:Callaway EPIC SPEED

クラブ名 Callaway EPIC SPEED
発売年 2021年
重さ 300グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 58°
最安値をチェック!

商品概要

ヘッドのブレが非常に少なく、ミスに強いドライバーです。ターゲットゴルファーの膨大な打点データをもとに、AIがフェースを最適、最大化するよう設計しています。それにより、少々芯を外しても高いボールスピードを発揮しやすくなっています。

「EPIC」シリーズで唯一、空気抵抗を軽減させる「サイクロン・ヘッドシェイプ」を採用している点も特徴的。スイングの速さに関わらず、ヘッドスピードが上がりやすくなっています。

細かいコントロールをヘッドが受け付けてくれ、安定感があるEPIC SPEED。大型ヘッドを苦手に感じる方や、リストを大きめに使うゴルファーの方にとって特に扱いやすいドライバーです。

買って良かった方のレビュー

フェースがとにかく広くて安定しており、極端な話、よほどのポカでない限り当たれば真っすぐ飛んでくれます。ミスに強く、かつ手元でのコントロールもしやすいです。打感はかなりやわらかいですが、その分しっかり弾き感があり、個人的には好みでした。

合わなかった方のレビュー

キャロウェイの同じAI設計フェース搭載のマーベリックと比較すると、飛距離はイマイチかと。1番手で使うより、2番手で大きく外したくない時に使うドライバーといった印象です。こちらのスイングの良し悪しに関わらず、飛距離はあまり変わらず安定しています。大穴を狙わず堅実に刻みたい人向けですね。

5:DUNLOP ゼクシオ イレブン

クラブ名 DUNLOP ゼクシオ イレブン
発売年 2019年
重さ 280グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10.5°/11.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 59°
最安値をチェック!

商品概要

多くのドライバーが軽量化を進める中、あえてグリップ側に重さを残しています。手元にある程度重さを持たせつつ、真ん中に当たるシャフトは軽い作り。そしてヘッドは多くのゴルファーにとって馴染みのある重さとすることで、スイング中にヘッドの重さに負けず扱いやすいクラブとなっています。

フェースには、新開発の「フラットカップフェース」を採用。中央部に厚みを持たせることでたわみやすくし、フェース全体の反発性能を大きく向上しています。

ミスに強く直進性に優れており、弾道の高さも安定している反面、操作性に関してはあまり期待しない方が良いでしょう。微調整の必要のない初球で活躍するドライバーです。

買って良かった方のレビュー

ゼクシオシリーズの中でもダントツで打ちやすく、打感も素晴らしいです。力がなくスイングスピードがかなり遅い私でも、十分な飛距離を出すことができました。ゼクシオの特徴でもある澄んだ打音も良いですね。「キーン」という気持ち良い打音はやっぱり嬉しくなります。力に自信がない方や女性の方にもおすすめです。

合わなかった方のレビュー

グリップ部分が重く、シャフトが軽いので、最初はかなり戸惑うと思います。フォームが完成している方にとっては、逆に扱いにくいのでは?飛距離に関しては申し分ないです。軽く当てただけでもしっかり飛距離が出ます。飛ばしたい初心者の方には最適かもしれませんが、初心者が購入するには価格が高すぎるようにも思います。

6:DUNLOP ゼクシオ プライム

クラブ名 DUNLOP ゼクシオ プライム
発売年 2021年
重さ 254グラム
長さ 45.6インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 56°
最安値をチェック!

商品概要

軽量で反発性能に優れ、軽い力でもはじくように大きく飛ばせるドライバーです。

軽くて強度に優れたカーボン繊維を覆った樹脂層に硬い分子と伸縮性に優れた分子を組み込んだ新素材「ストレッチフィル」を採用。クラブ全体が軽く、取り扱いやすくなっています。ショット時には、ストレッチフィルが伸縮し衝撃を吸収してくれ、気持ちの良い打感を打ち手に伝えてくれます。

高反発エリアを拡大したわみを増した大型ヘッドで、高い反発性能を実現。反発力で高初速を生み出します。さらにヘッドサイズをバック方向に拡大した深重心設計で、低スピンを叶え、曲がりを抑えます。ご高齢の方や女性の方にもおすすめのドライバーです。

買って良かった方のレビュー

DUNLOPの高級ドライバー。とても軽く、扱いやすいクラブです。これまでのドライバーではスイング時に持っていかれてしまっていた、という方は、ぜひ1度試してみてください。軽いながらも飛距離性能は非常に高く、ほとんど力を使わずともしっかり飛ばすことができます。

合わなかった方のレビュー

総重量が約250gとかなりの軽量。打感もやわらかくしなり感があり、「パワーがなくても飛ばせるドライバー」の評判はまさにその通りだと思います。ただ、どちらかというとお年寄りや女性の方などに寄せた設計のクラブなので、自分のようにパワーをしっかり伝えて飛距離を稼ぎたいというタイプにはあまり合いませんでした。

7:TaylorMade SIM2 MAX

クラブ名 TaylorMade SIM2 MAX
発売年 2021年
重さ 199グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 56°
最安値をチェック!

商品概要

これまでのシリーズで共通の、空気抵抗を抑える「空力設計」はそのままに、よりやさしさを前面に出したドライバーです。

フェース部には、パーツの溶接を省いたボディ一体型の「ミルドバックカップフェース」を採用。さらに新構造「フォージドミルドアルミニウムリング」により、軽量化と重量配置の最適化を実現しています。

サイドスピンを減少させる「ツイストフェース機能」搭載で、左右に曲がりにくい点も特徴です。ミスヒットの際も大きく外れずラフに残りやすいので、初心者の方も安心して使うことができます。飛距離性能、つかまりのバランスもよく、安定感のあるドライバーです。

買って良かった方のレビュー

非常にミスへの寛容性が高く、多少芯を外しても問題なく真っすぐ飛びます。SIM2シリーズのドライバー全て試打してみた感触では、SIM2 MAXが一番フラットな印象。直進性、飛び、操作性、どれにおいてもバランスよく優れたモデルです。

合わなかった方のレビュー

しなりがかなり強く、それが少し気になりました。試打したお店の人に聞いたところ、パワーがある人の場合、純正のシャフトではしなりが強すぎてヘッドの性能を充分に発揮できないこともあるとのこと。パワーが強い人は、硬めのシャフトにチェンジしても良いかもしれません。

8:Titleist TSi2

クラブ名 Titleist TSi2
発売年 2020年
重さ 300グラム
長さ 45インチ/45.5インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 58.5°
最安値をチェック!

商品概要

ゴルフクラブで初めてフェース面に「ATI 425チタン」を採用しています。ATI 425チタンは火星探知機などに使用されているチタン合金で、軽量性、弾力性、耐久性に非常に優れています。この新素材の採用により反発係数をルール限界まで高め、インパクト時の初速アップを実現しています。

また空気力学をもとに設計された「エアロダイナミクス形状」により、スイング時の空気抵抗を大幅に軽減し、ヘッドスピードアップにつなげています。

高慣性モーメント設計でミスに強く、多少打ち損ねても初速が落ちません。ボールの曲がりが抑えつつ飛距離を安定させたいというアベレージゴルファー向けのドライバーです。

買って良かった方のレビュー

ここ数年で1番お気に入りのドライバーです。ミスヒットにとても強く、スイングがブレても大きく外れることはほとんどありません。ミスに強いドライバーは飛距離性能が低いイメージでしたが、TSi2は個人的に過去一よく飛びました。初心者もベテランも使いやすいモデルです。

合わなかった方のレビュー

試し打ちのみですが、前作のTS2と比べると、フェースの弾きが少し落ちたように感じました。飛距離性能よりも、操作性を重視したクラブといった印象。またTS2に比べると、つかまりが良すぎるかなと。TS2の後継モデルということで期待していたので、少し思っていたのとは違うなと感じました。

9:DUNLOP スリクソン ZX5

クラブ名 DUNLOP スリクソン ZX5
発売年 2020年
重さ 300~304グラム
長さ 45.25インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9.5°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 59°
最安値をチェック!

商品概要

ツアープロも愛用しているドライバー。非常に構えやすい、すっきりとした美しいヘッド形状が特徴です。

「たわみ」に対し特に注力しているモデルで、ルールに適合した反発係数ながら、ワンランク上のレベルの反発性能を実感できます。その分ミスに対しややシビアな部分もありますが、ミート時の初速性能は非常に優れています。またスピンが少なく、それでいて球が上がりやすいため、高飛距離も狙いやすいです。

構えやすく芯をとらえた時の反響が大きいDUNLOP スリクソンZX5は、しっかりボールをミートできる、中級~上級者がもっとも性能を実感できるドライバーだと言えるでしょう。

買って良かった方のレビュー

松山秀樹が愛用するドライバーということで、ずっと気になっていました。試打での実感としては、「とにかく飛ぶドライバー」です!これまで最高でも210ヤードほどでしたが、スリクソン ZX5を使用した計測では218ヤードを記録。210後半は初です。予算に余裕ができたら購入したいと思います。

合わなかった方のレビュー

ツアープロ愛用モデルとの触れ込み通り、まさにプロ仕様ですね。というか、「飛ばし屋」仕様です。当たればものすごく飛ぶし、ミスすればしっかりミスした方向に飛んでいきます。ミスを気にせずゴルフを楽しみたいという方には、あまりおすすめできません。ある程度ミートできる方なら、使い応えがあると思います。

■関連コラム:松山英樹プロのクラブセッティング【2021年 マスターズ最終日】

10:YAMAHA インプレス UD+2 2021年モデル

クラブ名 YAMAHA インプレス UD+2 2021年モデル
発売年 2021年
重さ 275~284グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9.5°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 61°
最安値をチェック!

商品概要

YAMAHA インプレス UD+2シリーズの第2世代モデル。フェース周辺の剛性を高め、ボール初速を向上する「スピードボックス」というテクノロジーを採用しています。「ぶっ飛び系」と言われるシリーズだけあって、飛距離性能と直進性能はかなりのもの。同重量帯のクラブで最大級の慣性モーメントを実現しており、まっすぐ豪快な飛びを叶えます。

相性があるクラブではありますが、プレースタイルにハマれば、キャッチフレーズ通り「今日イチが、連発する」ドライバーとなるでしょう。ややフック系に飛びやすい性質があるので、どうしてもスライスにいってしまう、という方は1度試してみても良いかもしれません。

買って良かった方のレビュー

とにかく、ミートすれば力強く飛ばせるドライバーです。その分、右にミスればそのまま右に飛んでいきます(笑)。その振り幅が面白いというか、シンプルに実力が表れるクラブなので、上達が見えやすい点も気に入っています。

合わなかった方のレビュー

ミスに強いドライバーとは言えないかと思います。かなりミートしないと、思った方に飛んでくれない。打感も「バチン」と弾いたような感覚が強く、慣れないとすごく違和感があります。あと見た目がなんかごろんとしていてかっこよくないです。

11:PING G425 LST

クラブ名 PING G425 LST
発売年 2020年
重さ 203グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 58°
最安値をチェック!

商品概要

前作に比べてスピン量が200回転減少した低スピン設計を採用。スピンの少ない強弾道を生み出します。低スピンと強弾道を生み出す秘密は、重心をフェース寄りに配置していることにあります。スピン量が減ったためボールがつかまりやすく、スライスのミスを減らしたい方におすすめ。

思うようにいかないショットになってしまってもボールが曲がりにくく、しっかりコースの中に入りやすい、とても扱いやすいドライバーです。ドローフェードにも対応したポジション可変式の3つのウェイトを搭載しており、すべてのポジションで高いMOIを実現します。シャープな印象を与える、マットブラックのソールも人気の秘密です。

買って良かった方のレビュー

本当にスピンが減って、初速もはやい。安定していい距離を打てるので、平均飛距離は伸びた。ただ、弾道はちょっとあげにくいかも。中高弾道くらいを狙う時にオススメ。体積は小さいけど、かっこいいデザイン。音が気になる人も多いみたいだけど、そんなに気になりません。

合わなかった方のレビュー

スピンが減りすぎな気がする。個人的にはあまり飛ばなくなった。弾道も上がりにくく、使いにくかった。デザインは申し分ないのですが、打音が結構大きくて気になります。確かにスライスはしなくなったけど、全体の印象は残念な感じ。

12:TaylorMade SIM グローレ

クラブ名 TaylorMade SIM グローレ
発売年 2020年
重さ 272~278グラム
長さ 46インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9.5°/10.5°/11.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 58°
最安値をチェック!

商品概要

やさしさと振りやすさを考えた「ドローバイアス イナーシャ ジェネレーター」や、センターを外した時の方向性のブレと飛距離のロスを抑制する「ツイストフェース」など、やさしさと飛びを兼ね備えた独自設計が詰め込まれているドライバーです。

ドローバイアス イナーシャ ジェネレーターはやさしさと振りやすさを可能にした空力性能に優れた設計。より速いヘッドスピードを実現でき、飛距離を出せます。

ツイストフェースは、フェースの反発機能をルール最大限にチューニングしています。飛距離を出しながら、曲がらずまっすぐ飛びます。

振り心地がとても軽く、ドライバーを振り切るのが苦手な方や、スライスしがちな方におすすめです。

買って良かった方のレビュー

持った感じは軽く、振りやすい。思い切り振らなくてもヘッドスピードが上がり、ボールの初速も速くなります。ボールがしっかりと浮かすことができ、キャリーで飛距離が伸ばせます。ミスショットをした!と思っても、ボールがフェアウェイに乗ってくれます。スライスだけじゃなくてフック側もカバーできるからうれしい。

合わなかった方のレビュー

スライスしやすい人向け、とのことだったので購入。しかし、前に使っていたドライバーに比べて柔らかすぎて、逆に方向性が悪くなった。期待値が高かっただけにちょっと残念。徐々に慣らしていこうと思う。ただ、個人的に打音と打感があまり好みではない。もっとシャープな感じだったらよかった。

13:PRGR RS5 F

クラブ名 PRGR RS5 F
発売年 2020年
重さ 304~308グラム
長さ 45.5インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9.5°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 56°
最安値をチェック!

商品概要

「叩ける、強弾道」を可能にする、広さと強さの2つの高初速を両立したWコア設計のドライバー。フェースパーツに、肉厚のばらつきを極限まで抑える「CNCミルド加工」を施しています。CNCミルド加工によって、高初速エリアを高いレベルまで広げています。

また、たわみエリアを増長させるフランジをソールに装備。フェースの上部分にWクラウン、下部分にWソールを配置することで、たわみの領域を広げることに成功しました。Wコア「広芯」を実現し、新高初速エリアは、他社比約1.5倍にまで広くなっています。弾道コントロールシステム「Bacosy(バコシー)」を搭載しています。

買って良かった方のレビュー

芯を外しても高反発で、よく飛んでいく。方向性が安定しているので、安心して叩けるドライバーです。風に影響されないような強弾道を打つことができます。左のハザードを気にせず、毎回思い切り叩いています。ライ角がフラットめなので、構えやすいのもとてもいい。他のドライバーと比べて、打音は控えめ。

合わなかった方のレビュー

芯に当たったときにもうちょっと飛ぶと思ったけど、思ったより飛距離がでないな、という印象。もっと飛んでほしい。あと、スピン量が多い。特に気になるのがバックスピンの多さ。飛距離ロスしているから、もっと飛んでほしいと思うのはそのせいかもしれない。あのスピン量で割と飛ぶからすごいけど、スピン量さえなければなおよし。

14:MIZUNO ST200X

クラブ名 MIZUNO ST200X
発売年 2020年
重さ 280~292グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 59°
最安値をチェック!

商品概要

MIZUNOの世界戦略STシリーズの一つ。優しく打っても、高初速、低スピンが叶うドライバーです。禁断と呼ばれるβチタン素材を使用。CT値を守る鍛造コアテックフェースデザインは、ルール内での反発性能を限界まで高めています。フェース中心には厚みを持たせ、周辺を薄くすることにより、たわみを増加しています。

さらにMIZUNO ST200Xは、「軽くても暴れない」を追求した、新たなカーボン素材を採用しています。次世代カーボン素材を使ったカーボン素材をシャフトに使用することで、安定感のあるスイングを実現します。

買って良かった方のレビュー

持った感じ、シャフトは長めに感じました。しかし、打ってみると、長さによる打ちづらさはあまり感じず、むしろ軽くて打ちやすい。ボールのスピードが速くなったように感じます。また、低スピンで高弾道の為飛距離も出ました。方向性も安定して打てたのでびっくり。シャフトも柔らかいのに暴れない。個人的には大満足。

合わなかった方のレビュー

純正シャフトの柔らかさに慣れず、力を入れすぎてしまうと、右へプッシュアウトしてしまうので、叩けないのが難点。軽く振るだけでぶっ飛ぶので、力の入れ方が結構難しい。つかまりもいいと聞いていたけど逆に良すぎる。前のドライバーで慣れてしまっているせいもあると思う。段々に慣らしていって使えるようにしたい。

15:GLOBERIDE オノフ AKA

クラブ名 GLOBERIDE オノフ AKA
発売年 2020年
重さ 289グラム
長さ 44.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9.5°/10.5°/11.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 60°
最安値をチェック!

商品概要

ONOFFが販売するAKAのニューモデル。中弾道で強いボールを出すことができ、コントロール性能も高いドライバーです。調整機能が充実しており、自分に合わせてカスタマイズをすることができます。例えば、シャフトを抜き差しすることでロフト角とライ角を変更することが可能です。

ウェイトの調整機能もあります。ソールにはウェイトが一つ搭載されていますが、専用のウェイトを購入することで、交換することができます。

クラウンとソールにはトレンチ構造が採用されています。インパクトの際にヘッドがたわんで元に戻ろうとすることにより、ヘッドスピードを高め、打点がぶれても、飛距離ロスを減らしてくれます。

買って良かった方のレビュー

芯を外してもよく飛び、しっかりとつかまるところがポイント高いです。とても打ちやすく、自分好みにカスタマイズできるので、慣れれば非常に使い勝手のいいドライバーだと思う。柔らかくて先が走るので、ヘッドスピードが遅い方にはぴったり。赤いラインとシルバーの本体、構えたときに見える面は紺のデザインがかっこいいドライバーです。

合わなかった方のレビュー

飛距離が思った以上に出なかったな、という印象。また、兄弟モデルである「AKA(赤)ドライバー RD5900」との違いが分かりづらい。正直よくわからないので、普通の方を買いました。あと、打音があまり気に入らない。空き缶でボールを打っているような気の抜けるような音が残念。音は二の次だが、毎回打つ時に違和感を覚える。

16:DUNLOP ゼクシオ エックス

クラブ名 DUNLOP ゼクシオ エックス
発売年 2019年
重さ 299グラム
長さ 45.4インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 8.5°/9.5°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 59°
最安値をチェック!

商品概要

DUNLOPの有名クラブシリーズのゼクシオから販売された、新しいラインが「ゼクシオ エックス」です。ゼクシオ史上最高の反発性能を搭載しています。ソールに比重の重いカーボン素材を複合することで軽量化を実現。余剰重量をヘッド後方に配置して、高慣性モーメントヘッドを叶えました。さらにフェース中央部の肉厚を薄く大きくすることで、たわみやすく、反発性能が大きく向上。未体験の飛びを可能にしています。ミスしてもロスが少ない、打ちやすいドライバーです。

ゴルファーが好むような、高く、残響の短い打球音「X sound」を搭載。打球音にもこだわっています。

買って良かった方のレビュー

構えたときに安心感があり、気分的に軽く振れるドライバーです。飛距離に思い悩んでいましたが、使ってみたところ飛距離や打ちやすさ、打球音、デザインともに満足。今ではショットも安定してきました。ショットをミスしてしまった、と思っても思いのほか真っすぐ飛んでくれるので、すごくいいドライバーだと思います。

合わなかった方のレビュー

打ちやすくてミートしやすいけど、私にとってはハードに感じる。前もゼクシオシリーズを使っていたけど、ゼクシオ イレブンの方が使いやすかった。打球音もイレブンの方が好き。デザインもあんまりかっこよくないような…。ヘッドデザインが安っぽい感じがする。もう少し高級感のあるデザインの方がよかった。

17:PRGR SUPER egg 480 高反発 2019年モデル

クラブ名 PRGR SUPER egg 480 高反発 2019年モデル
発売年 2019年
重さ 277~280グラム
長さ 45インチ/45.5インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 10.5°/11.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 59.5°
最安値をチェック!

商品概要

「飛び」において非常に優秀なドライバーです。反発係数が0.83を超える、高反発ドライバーで、高反発エリアが過去最大の広さになっています。ヘッドは通常のドライバーに比べて体積が大きいですが、構えた時はさほど違いを感じません。

「ヘッドスピードが43m/s以上の方の使用はご遠慮ください」と書かれるほど強力。飛びの新技術「Ucupフェース」を採用し、初速の速さを実現しています。まさにぶっ飛ぶドライバーです。高弾道の低スピンボールがぐんぐん飛距離を伸ばします。

大型高反発ヘッドで飛びの安定感が高く、慣性モーメントが高いことから、ミスに強くまっすぐ飛びます。

買って良かった方のレビュー

高反発モデルなのでよく飛びます。競技で使えないという理由がよくわかるくらい。センター外しても、強烈に飛ぶのでとても気持ちいいです。ドライバーはバランスがいいし、軽いから振り抜きやすい。操作性はあまり求めてないし、本当に真っすぐ飛ぶので満足。競技には出ないので、私にはちょうどいい。

合わなかった方のレビュー

良くも悪くも競技で使えないのが残念。ただ、プライベートで使えるのでその辺はあまり気にしていない。気になることは、値段と打音。結構高い。これだけの飛び性能を考えると妥当かもしれないが、結構高いと感じる。値段が高いだけに、打音も気に入らないとちょっと気になってしまう。

18:Titleist TSi3

クラブ名 Titleist TSi3
発売年 2020年
重さ 299~319グラム
長さ 45インチ/45.5インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 8°/9°/10°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 58.5°
最安値をチェック!

商品概要

ソール後部に新設計の「SureFit CGトラックシステム」を搭載。ヘッド後部のウェイトの位置を変更し、重心位置を選択できるため、思い通りの強弾道を実現しています。プレイヤーの打点にヘッド重心を近づけ、TSiの持つ圧倒的なスピードと安定性能を発揮します。風に負けない強弾道で、飛距離を大きく伸ばすドライバーです。

フェースには稀代の強靭性を有する「ATI 425チタン」を採用。ゴルフ業界では初の採用で、TSiフェースの広範囲でスピードを支えています。

ヘッドの空力性能を大幅に向上し、クラブスピードを最大化。いつも通りスイングするだけで、誰もがボールスピードの向上を実感できます。

買って良かった方のレビュー

構えた感じもしっくりきて、スイングした後の打感もいい感じです。吸いつくような感じで飛んでいくのでとても気持ちいい。打音は比較的静かで、そこも気に入りました。慣れるまでは、右に飛んでいったり、低い弾道になってしまうこともありましたが、今ではそれも減りました。飛距離も伸びてきたので、もっと練習してきたい。

合わなかった方のレビュー

打音や打感は申し分ないけど、私には操作が難しく感じます。左右にこすると飛距離はでないし、うまく真っすぐ飛ばせません。プレイヤースキルや人を選ぶドライバーだと思います。デザインもかっこよくて、打感は気に入っているので、もうちょっと練習してみて、これからどうするかを決めたいと思います。

19:BRIDGESTONE  TOUR B JGR ドライバー 2019年モデル

クラブ名 BRIDGESTONE  TOUR B JGR ドライバー 2019年モデル
発売年 2019年
重さ 294グラム
長さ 45.4インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9.5°/10.5°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 59°
最安値をチェック!

商品概要

「アスリート向けだけど、やさしい」というイメージが強いシリーズの2019年モデル。男女問わず、プロも使用しています。

BRIDGESTONE  TOUR B JGR ドライバーの一番の特徴は、「サスペンションコア」と呼ばれる新技術を採用していることです。1本の棒が、ソールを貫通してフェースを裏から支えています。裏から直接ソールを支えることで、高初速エリアを広げることができ、オフセンターの反発性能を向上させています。

他にも、高初速・高弾道を生み出す「ブーストパワーテクノロジー」と、余分なスピンを減らす「パワーミーリング」などのオリジナルの技術が搭載されています。

買って良かった方のレビュー

プロが使っているのも納得の、上りやつかまりの良さ。扱いやすく、振り抜きやすいため、飛距離を大きく伸ばすことができます。ボールの操作性も良く、フェード、スライス、ドローのうちわけがしやすい。打音は高めで、個人的には好きな音です。打感は柔らかいとも硬いとも言えず、普通な感じ。飛距離が伸びたので買ってよかった。

合わなかった方のレビュー

つかまりが良すぎるのと、軽すぎる感じがする。スイングした時にタイミングが合わせづらい。打感もなんとも言えず、もう少し吸いつくような感じが良かった。飛距離は伸びるには伸びていたが、期待していたよりはそうでもなかった。ボールを高く上げてキャリーはできるけど、プロが使用していると期待していた割にはそうでもなかった。

20:Titleist  TSi1

クラブ名 Titleist  TSi1
発売年 2021年
重さ 269~273グラム
長さ 45.75インチ
ロフト角(クラブフェースの傾き) 9°/10°/12°
ライ角(シャフトと地面との間の角度) 59°
最安値をチェック!

商品概要

ウルトラライトウェイト設計を採用。クラブヘッド、シャフト、グリップに至るまで、全てのパーツの軽量化に成功しています。高い打ち出しを実現し、大きなキャリーで飛距離を伸ばすことができます。

また、TSi1は上下、左右、前後とあらゆる方向におけるモーメントを解析しています。安定性の向上を図った設計となっています。多角的な慣性モーメント設計が、ボールのスピードをアップ。バックスピンを適正化し、ブレない弾道を生み出すことで、飛距離を大幅に伸ばすことができます。

プレイヤーに合わせて、良さを最大限に引き出させるための精密な調整機能を備えているドライバーです。

買って良かった方のレビュー

軽量化されているだけあって、とても軽いです。スイングしてみると、ボールをつかまえやすい。TSi1は軽いドライバーのなかでも特に振り応えがあり、ボールを前へ飛ばしやすいように感じます。ヘッドスピードが上がったせいか、思った以上に飛距離も出てびっくり。ヘッドスピードが伸び悩んでいる人におすすめ。

合わなかった方のレビュー

軽量化でヘッドスピードは出るものの、スイング中に重さを感じにくく、安定したスイングがしづらい。女性やシニアゴルファー向けなので、使う人を選びそう。自分的にはつかまりやすさはあまり感じず、ニュートラルに対しては、少しつかまるかな、程度。ミスをしてしまうと、そのままミスになってしまうので、優しいドライバーではないと思う。

すぐできる!スライスを改善するための10のポイント

ゴルフクラブの中でも、特にドライバーでスライスボールが出やすい理由は分かりました。しかし、理由が分かったところでスライスを改善する方法を知らなければスコアは伸びません。それでは意味がありませんよね。

ここからは、ゴルフ場ですぐに実践できる《スライスを改善するためのポイント》を10点お伝えします。ゴルフ場でプレーを始めてから「スライスボールが出るな…」と思ったら、スイングの時に以下のポイントを意識してみてください。

①ストロンググリップでボールを打つ

ストロンググリップとは、左手を被せるように握るグリップの握り方です。次のような握り方が、ストロンググリップにあたると言われています。

・左手の甲が上を向いている
・クラブを握った時、左手付け根の拳が3つ以上見える

ストロンググリップでボールを打つと、フェースローテーションを抑えることができます。インパクトの時にフェースが開きにくくなるので、スライスの改善に繋がります。

ただし、ストロンググリップでボールを打つと、ボールが左に飛びやすくなります。拳が4個以上見えていると過度なストロンググリップになってしまい、今度はフックボールが出やすくなりますので注意しましょう。

■関連コラム:ゴルフグリップの選び方とおすすめのゴルフグリップ

②右手と左手を離してグリップを握る

フェースを閉じるためには、適切にターンオーバーをすることも大切。適切にターンオーバーをするとフェースの開きを抑えられるので、スライスを防ぐことができます。

通常よりも右手と左手を少し離してグリップを握ると、ターンオーバーをしやすくなります。左腕に比べて右腕のほうが上に来るようゴルフクラブを構えると、自然に右手と左手が離れるので試してみてください。

③スイングする時に右肩を引く

スライスのミスが起こる時、多くの方は右肩が前に出ています。右肩が前に出ているとアウトサイドイン軌道になってしまうので、スライスする可能性が高くなるのです。左の足は見えているのに、左の肩が見えていない場合、右肩が前に出ています。右肩を引いて、左の肩が見えるように構えましょう。肩、腰、膝がターゲットラインと平行になっている姿勢でスイングするのが理想です。

④肘の内側が正面を向くようにスイングする

両肘が外側を向いた構えでは、インサイドからの振り上げ、振り下ろしができません。アウトサイドイン軌道になる原因です。

ゴルフクラブは、肘が体の正面を向くように構えます。肘が体の正面を向いていることで、腕が体の回転についてきやすく、軌道が安定します。スライスボールが出る時は、構えを見直してみてください。両肘が外側を向いていたら、肘の内側が正面を向くように意識するとスライスボールが出にくくなります。

また、背中が丸まっていると、両肘が外側を向きやすくなります。ゴルフクラブを構える時は背筋をしっかりと伸ばすよう、姿勢にも気を付けましょう。

⑤クラブヘッドを左に向けて構える

スライスを改善する方法の1つが、狙ってボールをフックさせる「インテンショナルフック」を打つことです。インテンショナルフック自体は上級者向けの技ですが、クラブヘッドを左に向けて構えると、フェースが閉じてインテンショナルフックを打ちやすくなります。その他のコツとしては、右足を少し下げることや、ショットをする時、フェースをしっかりと打ち出したい方向に向けることが挙げられます。

インテンショナルフックを打てると、目の前に障害物がある時や思いもよらない方向にボールが飛んでしまった時、ボールがどこに飛ぶか予想できない時に便利です。中級者以上のゴルファーがスコアを伸ばすために覚えておきたい技なので、練習するつもりでチャレンジしてみると良いでしょう。

⑥右足を引いてクローズドスタンスにする

スライスが出る時は、右足を少し引いたクローズドスタンスにしてみましょう。ボールとターゲットを結んだ飛球線に対して、右足が5~10cmほど後ろに下がっている状態がクローズドスタンスです。クローズドスタンスにすることで、アウトサイドイン軌道になりづらくなります。インテンショナルフックも狙えます。

右足を引く時、上半身も一緒に引いてしまうと、今度はインサイドアウト軌道になりやすいです。上半身は正面を向いたまま、右足だけ引くようにしてください。

⑦重心位置を調整する

つま先やかかとに重心があると、スイングした時にアウトサイドイン軌道になります。最適な重心位置は人それぞれですが、つま先、もしくはかかとのどちらかに重心が偏っている方は、重心位置を調整してみることをおすすめします。まずは足裏全体で地面を捉えるように、ゴルフクラブを構えましょう。

⑧ボールを打ち終わるまで前傾姿勢をキープする

初心者の方は、ボールの行方が気になってインパクトする直前に顔を上げてしまいます。これを「ヘッドアップ」と言います。インパクトの前に顔を上げてしまうと、前傾姿勢をキープできず、振り遅れが発生します。フェースが開く原因になってしまうので、スライスボールが出やすいのです。

ヘッドアップが起こってしまう方は、ボールを打ち終わるフォロースルーの瞬間まで、前傾姿勢をキープしましょう。ダウンスイング以降は、左足のかかとに重心を乗せてゴルフクラブを振ると、ヘッドアップしにくくなります。左目でボールを見ながら打つのも効果的です。

⑨テイクバック時に手元と体の距離を変えない

テイクバックの時、すぐにゴルフクラブのヘッドを内側に引いてしまうと、フェースが開いてアウトサイドイン軌道になってしまいます。手元と体の距離を一定に保ったまま、クラブヘッドを振り上げるようにしてください。手首ではなく、体の回転を利用してゴルフクラブを振り上げることが、テイクバックをする時のコツです。

⑩ボールの位置よりも後ろに頭がある状態でインパクトする

ダウンスイングの時、頭を含めた体全体がターゲットの方向に流れてしまっていると、フェースが開いてアウトサイドイン軌道になってしまいます。振り遅れの原因にもなるので、スライスボールが出やすいです。

インパクトの瞬間、ボールの位置より頭の位置が後ろにある「ビハインド・ザ・ボール」の状態だと、スライスボールが出にくくなります。軌道も安定するので、ビハインド・ザ・ボールの状態でインパクトするよう心がけましょう。正面から見た時、体が「逆くの字」になっていると、ボールよりも後ろの位置に頭を残したままインパクトがしやすいです。

以上のポイントを押さえてスイングすると、スライスの原因であるフェースの開きやアウトサイドイン軌道、振り遅れを改善できます。スイングボールを出さず、スコアを伸ばしていけるでしょう。

スライスを根本から直すための練習方法

前項では、その場でスライスを改善するためのポイントをお伝えしました。しかし、常に10のポイントを意識しながらプレーするのでは、ゴルフの楽しみが半減してしまいます。根本からスライスを直すことが理想です。

ここからは、スライスしないスイングを身に着けるための練習方法をお伝えします。

フェースターンの練習方法

スライスボールが出てしまう方の多くは、フェースターンができていません。「フェースターン」とは、ゴルフクラブのフェースを返すことを指します。フェースターンができれば、スライスをなくせるだけではなく、ボールを正確に飛ばせるようになります。スコアアップにも繋がるので身に着けておきましょう。

フェースターンに関して多いのは、下半身を止めて手だけを返そうとするケースです。手だけを返すのでは正しいフェースターンとはいえず、狙った方向にボールを飛ばせません。体の回転を利用して、自然に手が返るようにスイングすることで、正しいフェースターンができます。

以下では具体的に、フェースターンの練習の流れを解説します。

①アドレスを作る

「アドレス」とは、ボールを打つための構えのことです。姿勢(ポスチャー)、足の位置(スタンス)、クラブの接地(ソール)という3つの要素で構成されています。ゴルフにおいてアドレスは、何より重要な基本中の基本。アドレスに問題があれば、良いスイングはできません。

アドレスは次のように作ります。

1.背筋を伸ばして立つ
2.股関節から上を前傾姿勢にする
3.すねは地面に垂直にしたまま、膝を軽く曲げる
4.拇指球に重心をかける

前傾姿勢をキープする、グリップを左太ももの内側で握るなども、正しいアドレスを作るためのポイントです。

②クローズドスタンスにする

正しいアドレスを作ったら、両足のラインが右斜め45°の方向に向くよう、右足を大きく後ろに引きます。この時、肩のラインと腰は、なるべくスクエアになるように意識しましょう。

③フックを打つ

極端なクローズドスタンスでゴルフクラブを構えたら、フックを打ちます。フックを打つ時は、気持ち右に打ち出すのがポイントです。左腰の回転が制限されているので、両手がスムーズに返ります。

練習を重ねて自然にフェースターンができるようになると、スライスが改善されます。

アウトサイドイン軌道を改善する練習方法

アウトサイドイン軌道や振り遅れは、フェースが開いてしまう大きな原因です。アウトサイドイン軌道や振り遅れを減らすことは、フェースの開きを抑えることになり、スライスの改善に繋がります。

まずはアウトサイドイン軌道を改善する練習方法からお伝えします。流れは次の通りです。

①アドレスを作る

フェースターンの練習と同様、アドレスは大変重要です。まずは「フェースターンの練習方法」で紹介した内容を参考に、正しいアドレスを作りましょう。

②上体をしっかりひねってテイクバックする

正しいアドレスを作ったら、次はテイクバックの動きを矯正していきます。テイクバックの時は、上体のひねりが少ないと、ダウンスイングの時に上体が早く目標の方向へと向いてしまい、アウトサイドイン軌道になりやすいです。

目安として、トップオブスイングでは上体を90°以上ひねるように意識します。上体を90°以上ひねることで、上体が目標の方向へと向くタイミングが遅くなり、インサイドからドライバーを振り下ろすことができます。数字では分かりづらい場合、正面から自分のスイングする瞬間を動画で撮影してみましょう。背中が見えるくらい上体をひねっているのが理想です。

体のひねりが浅い方は、手でドライバーを振り上げている可能性が高いです。その場合はドライバーのグリップエンドをおへそに近づけて、そのまま離れないよう、ドライバーを振り上げるように意識してください。

またテイクバックの時に、上体が飛球線側に傾いた「リバースピボット」のスイングをしてしまうと、アウトサイドイン軌道の原因になります。リバースピボットになってしまう方は、右腰を左足の方向に回転させるように注意すると改善できます。

③3つのポイントを意識してダウンスイングする

ダウンスイングが原因のアウトサイドイン軌道を改善するための練習です。次の3つのポイントを意識して、アウトサイドイン軌道にならないダウンスイングの練習をしましょう。

・切り返しの時に右手を被せない
・左足に体重をスライドする
・インパクト時、目標ラインよりも上体を左向きにする

アドレス、テイクバック、そしてダウンスイングのそれぞれのタイミングで、アウトサイドイン軌道にならないような動きを自然とできるようになれば、実際のプレーでもアウトサイドイン軌道を減らすことができます。

振り遅れを改善する練習方法

続いて、振り遅れを改善するための練習方法をお伝えします。振り遅れを改善するための練習方法はいたってシンプル。ゆっくりとスイングするだけです。

振り遅れは、手元の動きにクラブヘッドがついてこられない時に発生します。手元だけが先行してしまうと、ボールを打つ瞬間にフェースが開いてしまうので、ボールをつかまえることができないのです。そして、振り遅れを改善するためには、"振り遅れないスイング"を体に覚えさせるしかありません。

きれいなスイングはトップからインパクトの間、クラブヘッドと左肩が同時に動いています。クラブヘッドを待ちきれず、先に左肩が前を向いてしまうと振り遅れになってしまうので、左肩がクラブヘッドの到着を待つ感覚を身に着けましょう。トップからダウンスイング、インパクトまで、左肩が前を向かないよう意識してスイング。これを繰り返すことで、自然と左肩がクラブヘッドを待てるようになります。

振り遅れてしまうゴルファーは、振り遅れにくいことから、シャフトの短いクラブを使っている方が多いと思います。しかし、振り遅れを根本から改善するなら、あえてシャフトの長いクラブを使うことをおすすめします。シャフトが長いドライバーは、それだけクラブヘッドが戻るタイミングも遅いので、クラブヘッドの到達を待つ感覚が養われやすいのです。

もっとも良いのは、シャフトが長く振り遅れが多いドライバーで練習をすることです。特にこだわりがなければ、ドライバーを使って練習することをおすすめします。

スライスボールが出る原因の大半は、アドレスやスイングにあります。そして、アドレスやスイングは練習を重ねることで矯正することが可能です。アドレスもスイングも、ゴルフでハイスコアを出すための基本。正しいアドレスで、正しいスイングができればスライスボールが減るだけではなく、スコアアップも狙えるでしょう。

客観的に自分のスイングを分析してみましょう

ここまで、スライスを改善するためのポイントや、根本からスライスを改善するための練習方法についてお伝えしてきました。実行することでスライスが直った方もいれば、直らなかった方もいると思います。

スライスが直らなかった方は、原因に対して間違ったポイントを意識している、あるいは練習をしている可能性が高いです。

問題を解決するには、大前提として原因を知る必要があります。スライスの改善も同様に、何が問題か分からなければ、どこを直すべきか分かりません。スライスが直らない方は、まず自分のスイングを見直して、分析してみることをおすすめします。

自分のスイングを分析する時は、スマートフォンやビデオカメラを使って、スイングの様子を動画で撮影する方法がおすすめです。一緒にゴルフをプレーする相手がいれば、撮影をお願いしてみましょう。1人でプレーする時は、スタンドを用意してタイマーを設定すれば、自分のスイングの様子を動画で撮影することが可能です。

動画の撮影が終わったら、アウトサイドイン軌道になっていないか、振り遅れがないかをチェックします。どちらもない場合は、どこかのタイミングでフェースが開いてしまっています。フェースが開いてしまう原因やタイミングを把握することで、実際にプレーをする時、または練習をする時、意識するべき点や改善すべき点が分かります。

スライスが直らない方は、まずは自分のスイングの様子を分析して、原因を知ることがはじめてください。原因に対して正しい改善点を導き出せれば、スライスを減らすことができるでしょう。

スライスを減らすドライバーの選び方

スライスは、使うドライバーを変えることでも減らすことが可能です。どうしてもスライスボールが出てしまうという方は、ドライバーの変更も検討してみてください。

スライスが出にくいドライバーを選ぶ時は、「重心角」「ロフト角」「ライ角」「重心距離」「シャフトの長さ」の5点をチェックします。

重心角

スライスボールが出やすい方におすすめと言われているのは、重心角の大きいドライバーです。「重心角」は、シャフトの軸線を通る垂線と、フェース面のラインによってできる角度のことです。シャフトを机の上に置いた時、どの程度フェースが上を向くか、この角度を指します。

重心角は、つかまりの良さに関係しています。重心角が大きいほどつかまりが良く、ボールを右へと逃がしにくくなります。つまり、スライスボールが出にくくなるのです。

一般的なドライバーの重心角は21~23°くらいに設定されています。スライスボールが出やすい方は、25~30°くらいのドライバーを選びましょう。中には重心角が30°を超えるモデルも存在します。

重心角が大きいドライバーは、比例して重心深度も深くなります。重心深度が深いドライバーは、ボールが上がりやすく高弾道になりやすい、重心を外した時の許容範囲が広いなどのメリットがあります。

一方で重心深度が深いと、フェース面のスイートスポットが高くなります。バックスピン量が増えるため、飛距離をロスしてしまう可能性があります。重心角が大きいドライバーを使うなら、重量のある素材で作られたヘッドを持つドライバーがおすすめです。重心が下がるため、スイートスポットが高くなるという難点を打ち消すことができます。

ロフト角

「ロフト角」は、クラブフェースの傾斜角度を指します。ロフト角が大きいほどボールが高く上がり、バックスピン量も増えます。

スライスボールが出やすい方は、ロフト角が大きいドライバーがおすすめです。ロフト角が大きいドライバーは、ボールをつかまえやすいというメリットがあります。一般的なドライバーのロフト角は10°前後です。初心者の方は10°以上のロフト角のドライバーをお選びください。

ロフト角が大きいドライバーは、打球が高く上がり過ぎて飛距離を伸ばしづらいというデメリットがあります。スライスが減ってきたら、ロフト角を小さくすることも検討しましょう。

ライ角

「ライ角」は、クラブのソールを接地させた時にできるシャフトとの間の角度です。ボールの方向性と球筋に影響します。

一般的に、ライ角の数字が大きいほどボールがつかまりやすくなると言われています。スライスしにくくなるので、スライスに悩んでいる方は、ライ角の数字が大きい「アップライト」のドライバーを選ぶのがおすすめです。目安として、ライ角60°以上のドライバーがアップライトになります。

最近は自分でライ角を調整できるモデルが増えています。ライ角が大きすぎると、今度はフックが出るようになってしまうので、できるならライ角を調整できるモデルを選ぶのがベターです。

重心距離

「重心距離」は、シャフトの軸線からフェース面上の重心までの距離を指します。重心距離が短いほどヘッドをターンさせやすくなるため、つかまりが良くなります。スライスボールが出やすい方におすすめです。

ヘッドが小さいドライバーほど、重心距離は短くなります。ドライバー選びの時に重心距離を考えるなら、ヘッドのサイズを参考にすると良いでしょう。一般的にヘッドのサイズは、420ccを下回ると小さいと言われます。

思い通りにヘッドをコントロールしやすいことから、スライスだけではなく、フックの改善にも重心距離の短いドライバーが良いと言われています。

難点として、スイングした時の誤差が反映されやすいことが挙げられます。慣れないうちはフェースが開いたり閉じたりやすく、意図しない方向へとボールが飛んでいってしまう可能性が高いです。重心距離が短いゴルフクラブを使うなら、実際のプレー前にしっかり練習をしておきましょう。

スライスの改善にもっとも重要なのは重心角です。デメリットが気になるなら、無理に重心距離の短いドライバーを使う必要はありません。

シャフトの長さ

振り遅れが原因でスライスボールが出てしまう方は、シャフトの短いドライバーを使うのがおすすめです。「ドライバーはスライスのしやすさが段違い」でもお伝えしたように、ドライバーは他のゴルフクラブに比べて長さがあります。加えてシャフトが長ければ、それだけ振り遅れやすいのでスライスも起こりやすいのです。

ドライバーのシャフトは、長さ45インチが一般的です。これを43~44インチのドライバーに変えるだけでも、振りやすさは大きく変わります。結果、スライスを減らせます。

ただし、ドライバーを変えなくても、グリップの握り方を変えるだけでシャフトの長さは調整可能です。グリップを短めに握れば短いシャフトのドライバーを使う時と同様、振り遅れが少なくなります。そのため、スライスしないドライバー選びにおいて、シャフトの長さはそれほど優先度が高くありません。

重心角、ロフト角、ライ角、重心距離、そしてシャフトの長さ。スライスボールが出やすい方は、以上の5点に注目して、ドライバーを選んでみてください。特に重心角はボールのつかまりの良さ、つまりスライスの出にくさを決める重要な要素。まずは重心角の大きなドライバーから試してみてください。

重心角、ロフト角、ライ角、重心距離、シャフトの長さを細かくチェックしてドライバーを選ぶことが難しい場合、スライスしないことを謳っているドライバーを選ぶのも1つの手です。メーカー各社から、「つかまりのいいドライバー」が販売されています。

まとめ

いかがでしたか?
スイングを変えることでスライスボールは改善できますが、スイングを大きく変えるのはとても大変。長年染みついたクセはなかなか思うように変えられないですよね。

そんな方こそ手っ取り早く、ドライバーを変えてみてはいかがでしょうか。あなたのドライバー選びの一助となれば幸いです。それでは!

よくある質問

Q.途中から右に曲がってしまう人にはどんなドライバーがおすすめですか?

A.スピンを抑えながらも直進性が高く、扱いやすいドライバーがおすすめです。

Q.スピン量が多く、打ち出し角が高い人におすすめのドライバーは?

A.ロフト角・重心角の大きいドライバーがおすすめです。この2つが大きいほどボールがつかまりやすくなります。ただし、左右回転の影響も受けやすくなるので注意しましょう。

Q.スピン量が少なく、打ち出し角が低い人におすすめのドライバーは?

A.ロフト角の大きいドライバーがおすすめです。ロフト角が大きいほどボールが高く上がりやすくなります。一方で、打球が高く上がり過ぎてしまうと飛距離ロスの原因に。また、初心者の方は左右回転の影響を受けにくい「低スピンモデル」を使用していないかも確認してみましょう。

項目をもっと表示
最近チェックしたアイテム
最近チェックしたアイテムはありません。
ラルフローレンの画像 ブリーフィングの画像
facebook instagram twitter