2021年版、男性の人気でおすすめフェアウェイウッドの商品や役割、種類を紹介。

instagram
instagram

【2021年】男性版、フェアウェイウッドの特徴とおすすめ商品を特集!

2021.08.23
2020.09.12 POSTED
お気に入り
【2021年】男性版、フェアウェイウッドの特徴とおすすめ商品を特集!
目次

?ゴルフクラブの中で、ドライバーの次に飛距離を出せるのがフェアウェイウッドですよね。シャフトも長いので、初心者の中には打つのが難しいと感じる方もいますが、できるだけ距離を稼ぎつつ、まっすぐ打ちたいですよね。
では、フェアウェイウッドを選ぶ時、どのようなことに注意して選ぶのがいいのでしょうか。おすすめの商品もご紹介したいと思います。

フェアウェイウッドの役割

フェアウェイウッドの役割|ごるトク フェアウェイウッドは、主にセカンドショットで使用するゴルフクラブで、ドライバーの次に飛距離を稼ぐことができます。また、狭いホールで曲げずに1打目を打ちたい時や、バンカーや池などを避けて短めの1打目を打ちたい時にも使われます。

2番ウッドを「ブラッシー」、3番ウッドを「スプーン」、4番ウッドを「バフィー」、5番ウッドを「クリーク」と呼ぶこともあります。初心者の方はまず5番ウッドから購入する方が多く、その次に3番ウッドを揃える方が多いです。2番ウッドや4番ウッドはどちらかというとマイナーなゴルフクラブですが、出したい飛距離が合っている場合は上手く使い分けるとスコアメイクにつながります。

フェアウェイウッドのフェースの種類

フェースには大きく分けて2種類あり、フェースが厚いモデルをディープフェース、フェースが薄いモデルをシャローフェースと言います。

ディープフェースは、低い弾道でスピンもかかりにくく、飛距離が出やすいモデルです。フェースが厚いため、ティーショットで使いやすいという特徴もあります。ドライバーショットの替わりにフェアウェイウッドを使うことが多い人におすすめです。また、上下に幅があるため、上下のブレに強くなります。トップしたり上下の打点が安定しない方にもおすすめのモデルです。

シャローフェースは、ディープフェースに比べて重心が低くなるので、その分ボールが上がりやすく、スピンもかかりやすくなります。飛距離は落ちますが、しっかりボールを上げてグリーンを狙いたい時に使いやすいです。ティーショットではなく2打目以降で使いやすいクラブで、左右に幅があるため左右のブレが出やすい方におすすめのモデルです。

おすすめのフェアウェイウッド

1位.ピン G425

・フェースラップテクノロジーが、ピン史上最大のたわみを生み出し、これまでにない飛距離を実現
・スピンシステンシー・テクノロジーが、ミスヒット時でも飛距離を落とさずしっかりとキャリーを出してくれる
・ソール後方部に搭載したウェイトが、ヘッドを安定させて、ミスショットを減らす

ピン G425では、前作のG410に加えて、フェースラップテクノロジーと、スピンシステンシーテクノロジーを搭載し、ピン史上最大のたわみを実現することで、初速が大きくアップし、これまでにない飛距離を実現しています。また、ミスヒット時にも方向性、飛距離がブレにくく、安定したショットを打つことができます。

ラインアップは3つあり、さらにブレを減らした「G245 MAX」、低スピン&強弾道で飛距離を大きく伸ばす「G245 LST」、ヒールよりの重心設計によりミスに強い「G245 SFT」があります。

2位.テーラーメイド SIM MAX

・「Vスチールソール」によって抜けが向上し、ラフからのショットにも強い
・Mシリーズで好評だった「ツイストフェース」がミスをしっかりカバーしてくれる
・大型のヘッドで低重心のため、高弾道で低スピンのボールが出やすい

SIM MAXのフェアウェイウッドは、インパクト時の接地面積を抑える「Vスチールソール」を使用しているため、抜けがよく、フェアウェイからのショットだけでなく、ラフからのショットにも強くなっています。Mシリーズの時に好評だった「ツイストフェース」を採用しているため、フェース面が捻じれていて、芯を外してもミスショットになりにくい設計になっています。

ヘッドは大きく低重心のため、安定感がありながら、ボールはしっかり高弾道を描きやすいです。かつ低スピンのボールが出やすいので、飛距離も落とすことなくパワフルな飛びを実感しやすくなっています。

3位.ピン G410

・FORGEDマレージングC300フェースが、最大のたわみを生み、最大初速で飛距離を生み出します
・重心位置を約2%低くフェース寄りに配置することで、飛距離アップを実現しつつ、高慣性モーメントを実現し、ミスにも強い

ピンG410のフェアウェイウッドは、飛距離アップに力を入れており、しっかり飛ばしたい方におすすめのゴルフクラブです。重心位置を低くフェース寄りにすることで、飛距離アップを目指しつつ高慣性モーメントを実現しているため、ミスショットに強く、当たりが悪くても飛距離が大幅に落ちるのを防いでくれます。また、マレージングフェースが最大のたわみを生むため、ボールの初速を最大にし、遠くまでしっかりボールを飛ばしてくれます。

ラインアップは3つ、最大初速で飛ばすSTD、つかまえて飛ばすSFT、低スピンで飛ばすLSTがあります。

4位.タイトリスト VG3

・前モデルと比べてヘッドの体積を20%アップ、慣性モーメントをアップして安定感を増しつつ飛距離もアップ
・独自のソールの溝が、地面にあるボールに対してエネルギーロスの少ないインパクトを実現するため、フェアウェイでもラフでもしっかりボールを捕まえることができる

タイトリスト VG3のフェアウェイウッドの特徴は、大きなヘッドにあります。前モデルと比べて20%も体積をアップしているため、安定感に大きく貢献するだけでなく、慣性モーメントがアップするため大きな飛距離と直進性の高いビッグキャリーを可能にしています。構えた時に安心感があり、ドライバーのようにしっかり振って打ちたい方におすすめのフェアウェイウッドです。

ソールに施された独自の溝が、インパクト時のエネルギーロスを軽減するため、ラフからのショットでもしっかりボールを捉えて飛距離を出すことができます。

5位.キャロウェイ マーベリック

・高初速エリアの拡大により、芯を外しても飛距離が大きく落ちたり左右にブレたりせず、ミスショットを軽減してくれる
・C300マレージング鋼がドライバー並みの反発力を実現し、ボールをしっかり掴んで遠くに飛ばしてくれる

マーベリックのフェアウェイウッドは、あらゆるレベルのゴルファーが安定したショットを打てるように設計されたゴルフクラブです。AIによって番手ごとに高初速エリアを解析し、最適なフェース形状を採用しているため、多少芯を外したとしても、大きく飛距離が落ちることはありません

また、C300マレージング鋼がドライバー並みの反発力を実現しているため、ボールの初速をしっかり出して遠くまで飛ばしてくれます。

6位.タイトリスト TS2

・TS2ドライバーの最大級の直進安定性、爆発的なスピード性能を踏襲したモデル
・高さとスピン量のバランスがよく、初心者でも高い弾道のストレートボールを打ちやすい

TS2のフェアウェイウッドは、TS2ドライバーの性能を踏襲したモデルで、スピードがありながらまっすぐなボールが出やすいゴルフクラブです。

高い弾道のボールが打ちやすいですが、スピン量は多いわけでも少ないわけでもなく、最適化されたちょうどいいスピン量で、しっかり飛距離を出すことができます。慣性モーメントも高く、初心者でも扱いやすいモデルです。

7位.ダンロップ ゼクシオ イレブン

・「CANNON SOLE(キャノンソール)」がソールをたわませることにより、大きな飛距離アップを実現
・「WEGHT PLUS テクノロジー」というカウンターバランス設計が、スイングプレーンを安定させ、理想のトップポジションを生み出す

フェースの周辺を極薄にするキャノンソールがソールをたわませるため、インパクト時の反発力を大きくし、飛距離アップを実現します。また、WEGHT PLUS テクノロジーが理想のトップポジションを生み出してくれるため、バックスイングが固定され、自然と振り下ろすだけで安定したショットを打つことができます。スイングが安定していない初心者の方にもおすすめのフェアウェイウッドです。

シャフト部分の重量を、グリップラバーのバット端に集めることで、テコの原理を応用し、スイング始動時からコックが溜まりやすく、しっかりコックを使ってクラブを振れるため、ヘッドが走りやすく、ヘッドスピードが出にくい方でも飛距離を出しやすくなっています。

よくある質問

Q.初心者におすすめの番手は?

A.5番ウッドです。数字が大きくなるほどシャフトが短くなるため、5番ウッドと同じく購入されることの多い3番ウッドよりもシャフトが短く、ボールに当てやすいため、ミスショットの数を減らせます。

Q.ディープフェースがおすすめな人は?

A.ヘッドスピードが速い方におすすめです。 ディープフェースは低弾道でスピンも少ないショットを打ちやすく、飛距離が出やすいです。 また、シャローフェースよりもフェースが厚いため、上下に幅があり、上下のブレによるミスに強くなります。

Q.シャローフェースがおすすめな人は?

A.初心者の方におすすめです。 シャローフェースはディープフェースに比べて飛距離は落ちるものの、重心が低く、スピンもかかりやすいためボールを高く上げ、狙った場所に落としやすいです。 ボールを楽に上げたい方やヘッドスピードがそれほど速くない初心者の方はシャローフェースを選ぶと良いでしょう。

項目をもっと表示
最近チェックしたアイテム
最近チェックしたアイテムはありません。
ラルフローレンの画像 ブリーフィングの画像
facebook instagram twitter